【7月】七夕のはなし

7月7日は七夕です。この日は年に1度だけ天の川のほとりで彦星と織姫が逢える特別な日です。
この七夕は、中国では漢の時代に始まったといわれています。当時は「乞(き)巧(こう)節(せつ)」と呼ばれ、若い女性達が技芸の上達を願う行事を行っていました。野菜や果物をお供えし、天上の女神から知恵と器用さが与えられますようにとお祈りしました。
日本でも七夕飾りとして、短冊に願いを書いて笹の葉に吊るす風習があります。この短冊ですが、東洋思想の五行論より色と意味が決まっています。今年は5色の短冊にそれぞれの意味に合った願いを書いてみてはいかがでしょうか?

  • 青…仁:徳を積む
  • 赤…礼:父母や祖先への感謝
  • 黄…信:信頼・友人を大切にする
  • 白…義:義務や決まりを守る
  • 黒…智:学業の向上
ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。