【7月】美味しい桃の選び方

7月になると梅雨も明け、暑い日が続きます。夏野菜の美味しい季節になりますが、夏の食べ物は身体を冷やす性質のものがほとんどです。
しかし、そんな中でも身体を温める性質の果物があります。それが「桃」です。桃は気血を補いながら血の巡りを良くする働きがあります。生理不順・髪のパサつきや肌のくすみが気になる女性にオススメの果物です。また、利尿作用もあるので、冷えやむくみのある方にも適しています。
桃の効能は昔から知られていて、葉はあせも予防に入浴剤にし、花の蕾はむくみ防止に煎じて飲んでいました。また種は「桃(とう)仁(にん)」という生薬として使われています。
江戸時代には、人々は夏の土用に「桃湯」に入っていました。今年の夏はウナギと一緒に桃も楽しんではいかがでしょうか?

甘くてみずみずしい桃は生が一番!
でも、甘くない桃に当たってガッカリした経験はありませんか?

  • 左右対称で形が良いもの
  • 色がきれいなもの
  • 皮全体にうぶ毛があってツルツルしていないもの
  • 軸(枝)まで色づいているもの
  • 白い斑点が全体についているもの

以上が甘い桃選びのポイントです。美味しい桃を見極めてみてください。

購入したら、常温で保管しましょう。食べる2~3時間前に冷蔵庫で冷やしておくと美味しく食べられます。

なお、甘くない桃は日にちが経っても甘くなりません。甘くない桃に当たってしまったら、砂糖やレモン汁と一緒に煮てコンポートなどにしましょう!

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。