【9月】重陽の節句

9月9日は「重陽の節句」です。
日本では9という数字は「苦」を連想させると縁起の悪い数字とされますが、中国では奇数を縁起の良い陽の数字と言われています。一番大きな陽の数字である9は特に縁起がよく、それが重なる日を「重陽」として節句の1つにしました。
中国では、茱萸(しゅゆ)(グミの実)を袋に入れて登山をしたり、菊酒を飲んだりして邪気を払って長寿を願っていました。
この風習は日本にも伝わり、平安時代には宮中行事として菊の被(きせ)綿(わた)などが行われ、江戸時代では武士の祝日にもなりました。その後明治時代までは様々な行事が行われましたが、最近では重陽の節句は縁遠いものとなってしまいました。
重陽の節句は別名「菊の節句」とも言われます。今年は菊を浮かべた菊酒などで季節を楽しんでみてはいかがでしょうか?

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。