【10月】神無月のはなし

10月は「神無月」と呼ばれます。これは、日本中の神様が出雲の国(島根県)に集まり会議を開くため、他の国には神様がいなくなってしまうことに由来します。そのため、出雲の国では10月を「神在月」といっています。
会議では、人の運命や縁などが話し合われます。出会いそうもない遠く離れたもの同士が偶然出会い、結ばれるということがありますが、この会議の結果なのかもしれません。また、来年の天候や農作物の出来なども話し合われるといいます。
この間ですが、全ての神様が出雲の国に出向くわけではありません。留守番をする神様もいます。その代表が「恵比須神」です。恵比須神を祭るため、10月に「えびす講」を行う地域も今なお多く残ります。
恵比寿神は家内安全・商売繁盛の神様です。今年は1年の無事を感謝して、えびす講に行ってみては如何でしょうか?

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。