【5月】菖蒲の節句

新緑が清々しい皐月となりました。最近では空には鯉のぼりが元気に泳ぐ姿をみることは少なくなりましたが、5月5日は男の子の誕生と成長を祝う端午の節句です。

奈良時代から続く古い行事ですが、もともとは厄病を祓う「菖蒲の節句」ともいわれたそうです。
菖蒲は良い香りを放つことから、邪気を払うと信じられており、ヨモギと共に軒先に吊るして厄病を祓うとされていました。
また菖蒲は昔から薬草として使われており、漢方では根茎部分を天日干ししたものを「菖蒲根」と言い、血行促進や鎮痛作用があるとされており、端午の節句に菖蒲湯に入る習慣がありました。

端午の節句に無病息災を願って菖蒲湯に入ってみてはいかかがですか?

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。