【6月】水無月

6月になり、福岡もそろそろ梅雨入りを迎える時期となります。

6月は陰暦では「水無月~水のない月~」と書きます。雨がたくさん降る時期なのに不思議ですよね。
「水無月」の‘無’は‘の’にあたる連体助詞で、「水無月は」‘水の月’ということになるそうです。

田植えが終わるこの季節には、田んぼに水を引く必要があることから‘水の月’→「水無月」と呼ばれるようになったようです。

また、6月21日頃は夏至を迎えます。
1年で最も昼が長く、夜が短い1日です。
夏ももうすぐそこです!

しっかりと養生をして、蒸し暑い季節を乗り切る体を作っていきましょう。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。