【5月】春の食材

東洋医学において、春は五臓六腑の「肝」に属します。

「肝」は血液循環によって筋肉に栄養を送りその機能を保ち、関節の運動を助ける働きがあります。
ストレスなどにより肝の機能が低下すると、筋肉に十分な栄養を送ることができず、足腰が動かしにくくなったり、手足のしびれといった症状が起こる事があり、爪が薄くなったり、ツヤが悪くなったりすることもあります。肝を補う食材をとって、元気にのびのびすごしましょう!

あさりにはビタミンB12やミネラルが多く含まれており、肝を補う以外に、コレステロールを下げ、動脈硬化や高血圧を予防する効果もあると言われています。ねぎ、はまぐり、グリーンピース、新玉ねぎ等の食材もおススメです。
 旬のものには栄養がたくさん含まれています。季節のものを積極的にとって疲れをためこまないようにしましょう!

【今月のレシピ】

〈材料〉4人分
●ご飯・・・3合分
●あさり(むき身)・・・300g
●しょうが・・・一片
●調味料
さとう・・・大さじ4
しょう油・・・大さじ3
料理酒・・・大さじ3
みりん・・・大さじ3

〈作り方〉
①しょうがは千切りにしておく。

②鍋に調味料を煮立てて、あさりと千切りしょうがを入れて汁けが無くなるまで煮る。

③温かいご飯に②を加え、切るように混ぜる。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。