【6月】初夏の食材

雨が多く降る時期になりました。
湿気が多いこの時期に、私たちの身体にダメージを与えるのは“湿邪”です。 胃腸は湿邪に弱いため、食欲不振になったり、食べ物から気血をうまくつくれなくなりがちで、身体が重怠かったり、疲れやすくなります。胃腸に負担をかけないために、なるべく温かいものをとること、脂っこいものや刺激の強いもの、生もの等を控える、アルコールやこってりスイーツを控えるよう心がけましょう。

また、私たちの体内の水も、乾燥した季節に比べて体外へ出にくくなる分、むくみやすくなります。身体の湿気を除湿してあげるには

①汗をかく(ウォーキング、入浴)
②食べ物は薄口に。
③体を動かす(体の中の水をとにかくめぐらせる)

食べ物は、水はけを良くするハト麦やとうもろこし、緑豆などがおススメです。 クーラーなどで冷やしすぎると、症状を悪化させてしますこともあるので、気をつけましょう!

【今月のレシピ】

とうもろこしとピーマンのかき揚げ

〈材料〉1人分
●とうもろこし (ゆでた実だけのもの)…1/2本
●ピーマン(千切り) …1個
●サラダ油      …適量
●天ぷら粉+水   …適量

〈作り方〉
① 天ぷら粉+水にピーマンと とうもろこしを入れ、混ぜる。
② スプーンですくって、サラダ油にいれて揚げる。
③ キッチンペーパーの上にのせ、油を切る。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。