【7月】文月の食材

湿気対策として飲食物で注意することは ・冷たいものの摂りすぎ(アイスや ジュース等冷たいものは脾の陽気を傷つけ消化能力を低下させてしまいます。摂りすぎは身体に湿が溜まり、体のだるさ、むくみ、下痢や軟便等がおこります。)

  • 水分の摂りすぎ(のどが渇いた時は温かいものを少しずつ飲むように心掛けましょう。)
  • 味の濃いもの、油っこいもの、お酒の飲みすぎに注意(これらの摂り過ぎは体内で余分な水分となり脾を傷つけてしまいます。)

薬膳では、甘い食材は脾を元気にしますが、摂り過ぎや、食材によっては湿気を生んでしまうので注意しましょう。 オススメの食材は玉ねぎ、あずき、はと麦、大根、にんにく、しょうが、とうがん等です。

【今月のレシピ】

大根と玉ねぎの炒め物

〈材料〉1人分
●大根…50g
●玉ねぎ…100g
●ニンジン…50g
●ツナ缶…50g
●ニンニク…1/2片
●オリーブオイル…大さじ1

〈作り方〉
①大根、ニンジンは皮をむき4㎝くらいの長さの細切りにする。玉ねぎは薄切り。ニンニクは潰してみじん切りにする。
②フライパンを中火にかけ、オリーブオイルとニンニクを入れ、炒めて香りがたったら玉ねぎを入れよく炒める。
③大根、ニンジンを入れて炒め、しんなりしたらツナを入れ、あわせる。 ◎を味を見ながら入れて、好みの加減にして、出来上がりです。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。