【8月】キュウリとパプリカの肉巻き

中国では、汗は血から作られると考えられ、汗をよくかく夏は、心臓や血液循環器系に負担がかかるといわれています。

五臓の「心」に対応する色は「赤」。目にも鮮やかな赤い食材や、色の濃い野菜からパワーをもらい、夏バテしないようにしましょう!
トマト、ニンジン、赤ピーマン、カツオ、豚肉(赤身)などは血流を良くし、血液に栄養を与えて心臓の機能を高めます。
キュウリ、冬瓜、ゴーヤー、緑豆などは水分補給になり、体内の熱を冷まします。利尿作用を高め老廃物を排出しやすくなります。

食べ物からエネルギーをもらって上手く夏を過ごしましょう。

【材料】
 豚肉(薄切り)・・・200g
 キュウリ・・・1/2本
 赤パプリカ・・1/2個
 黄パプリカ・・・1/2個
玉ねぎ・・・1/4個
●だし汁・・・100ml
●しょうゆ・・・大さじ2
●さとう・・・大さじ2
●みりん・・・大さじ1
●酒・・・大さじ1

①キュウリ、赤・黄パプリカを5cmくらいの短冊切りにし、豚肉で巻きます。
②保存容器に●を入れ、①を浸けます。薄くスライスした玉ねぎを上に乗せて、冷蔵庫で30分漬け置きします。
③フライパンで中火で焼きます。
④たれが減って、焼き目が付けば完成!

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。