【10月】10月の養生

すっかり涼しくなりましたね。
10月8日ごろを寒露(かんろ)と言い、秋が深まってくるころです。
油断すると、風邪を引きがちな衣替えシーズン。体調管理には十分気をつけたいですね。
空気が乾燥するため、皮膚や体内の潤いが奪われやすいので、鼻水や咳といった症状が出やすくなります。
肌荒れや、冷え症などの症状がある方は補血作用のある ひじき、アサリ、カキ、鶏肉やニラ等を摂るようにすると良いでしょう。
秋のうちに必要な栄養を取っておくことが冬の寒さに備えることにもなりますので、乾燥を予防する食べ物を取り入れるようにしてみてください。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。