【10月】さつまいものミルク煮

「10月13日はさつまいもの日」

さつまいもはその食味から「栗よりうまい十三里」と褒めたたえられてきた根菜類です。江戸から十三里離れた埼玉県のさつまいもが特に美味だったことから一般にさつまいもは十三里と呼ばれていました。収穫期が10月にあたることと、十三里という異名に因み、10月13日を記念日としたそうです。 

旬をむかえるさつまいもは熱に強いビタミンCを豊富に含んでおり、さつまいも、にんじん、しいたけはがん予防が期待できる食べ合わせです。
食物繊維も豊富なため、便秘の予防・改善にも役立ちます。
旬のものを取り入れて、秋を楽しみましょう。

<材料>
 さつまいも・・・1/2本
 にんじん・・・1/3本
 しいたけ・・・2個
 オリーブ油・・・大さじ1
 ★水・・・3カップ
 ★固形スープ・・・1/2個
 牛乳・・・60cc 
 塩・こしょう・・・各少々
 水溶き片栗粉・・・適量

<手順>
①さつまいもはよく洗い、1cm厚さの輪切りにする。
②にんじんも1cm厚さの輪切りにする。
③しいたけはかさの部分は1cm幅に、軸は細切りにする。
④鍋にオリーブ油を熱し、にんじん・しいたけの順に入れて炒め、★を加えて煮る。
⑤にんじんに火が通ったら、さつまいもを加えて煮る。
⑥さつまいもが柔らかくなったら牛乳を入れ弱火にし、塩こしょうで味を調え、水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。