【4月】四月の養生

春は「三寒四温」という不安定な気候で、自律神経のバランスが崩れやすくなります。
さらに入学や人事異動など環境の変化によるストレス、精神疲労などもおこしやすいです。
中医学では春は肝の季節です。
肝は血液の調整、新陳代謝、精神や感情の機能調整などの働きがあります。
つまり、春は精神と深い関わりのある肝がダメージを受けやすいため、他の季節に比べストレスが溜まりやすく、不安を感じたり、イライラしたりちょっとのことで情緒不安定になりがちです。
せっかく気持ちのいい陽気ですから、早起きをして散歩を楽しむなどストレスを溜めない習慣を心がけ、心も身体もスッキリ気持ちよく過ごしましょう。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。