【7月】七夕

7月7日の夜、願い事を書いた短冊や飾りを笹の葉につるし、星に願い事をします。
七夕は古くから行われているお祭り行事です。
もともとは秋の豊作を願う神事でした。
そこに中国から伝わった「きこうでん」という行事が合わさり、今のようになったと言われています。
この「きこうでん」は機織りや縫製が上達しますように、と願うものでした。時を経て、江戸時代には習字が上達しますようにとお願いするようになり、今ではいろいろなお願い事をするように変わっていったのです。
五色の短冊にも意味があります。
中国の陰陽五行説にちなんだもので、青(緑)、赤、黄、白、黒(紫)の五色を言います。「青=木、赤=火、黄=土、白=金、黒=水」を表し、この世のすべてものの根源、という意味です。
この五色は、日本の歴史や文化に深く関わっており、様々な行事でも使われることが多い五色となっています。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。