【8月】編集後記

暑いだけでなく、湿気が多く蒸す日が続いていますね。
これだけ湿気が多いと、熱中症予防にと冷房の中でお水を沢山飲んでいると、そのうち体のむくみやだるさが目立ち、疲れがとれにくくなってきます。
時には暖かいお茶やお白湯を飲む、ミネラル分も補給するなど、水分の取り方も一工夫必要ですね。
そして、できるだけ疲れを溜めないように、いつも以上に休息をとりながら、夏を乗り切っていきましょう。
皆様、今月もお健やかに。

院長 清川 千枝

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。