【4月】4月の養生

体がだるい、気分がすぐれない等、病院に行くほどでもないと思う不調は誰でも持っていることでしょう。その改善のために栄養ドリンクやサプリメント等を摂取する人もいると思います。
しかし、精製・濃縮した薬効成分や機能性関与成分を含む製品を口にすることが、健康の維持、増進に対して最善であるかは、考える余地があるところです。
黄帝内経には、「五穀で養(滋養)となし、五果は養の助け(補助)となし、五畜は益(補い)となし、五菜で益を充す(補充)、気・味調合して食せば精気が補われ、気は増強する」とあり、穀物、果物、肉類、野菜をバランスよく食べることの重要性が書かれています。
手軽さや即効性が重要視されることが多いですが、食卓に並ぶ食材に、秘めた機能性があることを見なおしたいですね。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。