【3月】春の食材

3月3日はひな祭り。春の息吹を思わせる「菜の花」を使った料理もつきものですね。
春に芽吹く野菜には独特の苦みがあります。苦味成分には新陳代謝が悪くなって体にため込んでしまった老廃物を排泄しやすくする役目があります。

春野菜の「菜の花」には血流を良くする作用や、むくみを取る作用の他に余分な熱を冷ます作用もあるので、デトックス効果もありそうです。

季節の食材を上手に選び心身ともに「元気」を養って気持ち良く春を過ごしましょう。

【今月のレシピ】

〈材料〉
●菜の花     —1束
●玉ねぎ     —1/4個
●ハム      —3~4枚

〈ドレッシングの材料〉
●塩・こしょう  —適宜
●酢       —大さじ1
●オリーブ油   —大さじ2
●粒マスタード  —小さじ1

〈作り方〉
①菜の花は根元を切り、塩を少々加えた熱湯で色よく茹でて冷水にとり、水気を絞る。
②たまねぎは薄くスライスして水にさらす。
③ハムは食べやすい大きさに切る。
④ドレッシングの材料を合わせる。
⑤①から③をさっと合わせて、ドレッシングをかける。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。