【8月】8月の養生

暑さも佳境に入ってくる時季ですね。汗を大量にかくことで、一緒に体内の気が出てしまい疲れやすくなったり体力を消耗しやすくなります。
そして、外気の熱をうまく発散できないでいると身体の中に熱がこもってしまい、それが長く続くと色々な症状になってでてきます。
夏の暑さを「暑邪」といいます。長く体内に溜まると「熱邪」となって、熱が出たり、顔や目が赤くなったりします。熱は主に身体の上部に集まる性質があるので、気が一緒に上昇すると不眠や精神不安を感じたりします。だるさ、口渇、体のほてりなども出やすくなるので、8月は熱をうまく外に出すようにしていきましょう。
夏野菜には体を冷やす効果があるものがたくさんあります。効果的に利用して、穏やかに冷やすと良いでしょう。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。