【12月】漢字の日

12月12日は漢字の日です。
1995年日本漢字能力検定協会が「いい字一字」1(いい)2(じ)1(いち)2(じ)の語呂合わせにちなんで制定しました。
毎年「いい字」を少なくとも「一字」は覚えてほしいという願いが込められています。
全国から募集した中から「今年を表現する漢字」を決定し、京都の清水寺で発表されます。清水寺でご本尊・清水型十一面千手観音像に奉納されます。その儀式によりその年の漢字に込められた世相が清められ、翌年が明るい年になるよう願われるそうです。
ちなみに、日本で一番画数が多い漢字は84画あるそうです。
一段目に龍の字が2つ並び、二段目に雲龍雲、三段目に雲。合わせて一文字。
読み方は「だいと」「おとど」などで人名に使われているそうです。

ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。