当院ではコロナ対策の一環として、待ち時間短縮のため予約診療を開始いたします
受診ご希望の方は、お電話でお問い合わせの上、ご予約ください。

books on zlibrary official

【1月】和食の定番・ぶり大根

★ぶり:
気を補って気力を増し、スタミナをつけます。虚弱体質の改善や老化防止に。血も補って、貧血やめまい、顔色不良、息切れなどを改善。腎に働き骨を強化するので、骨粗鬆症の予防にも有効です。EPA・DHAを豊富に含み動脈硬化や高血圧予防効果も期待できます。

★大根:
食べ物を消化する働きが優れており、食べ過ぎによる胃もたれ、吐き気などに効果があります。熱を冷まし、のぼせ、ほてり、口の渇き、口内炎にも効きます。気の滞りを解消し、痰がからむ咳やげっぷにも有効です。

<材料>

ぶり 3-4切れ
大根 2/3本(お好みで)
酒 大さじ5
さとう 大さじ4
しょうゆ 大さじ3
みりん 大さじ1

<手順>

  1. ぶりは大きければ半分に。大根は厚めに皮をむき、2cmの輪切りにし、半月状に切っておく。
  2. ボールに氷水を用意し、鍋にたっぷりのお湯を沸かす。酒を少し入れて(分量外)、ぶりを表面が白っぽくなるまでさっと湯通しし、すぐに氷水につける(臭みが消し)。
  3. 鍋をさっと洗い、大根とかぶるくらいの水をいれ、竹串が大根にすっと刺さるまでゆでる。
  4. 3に、ぶり、酒、さとうを入れ、落とし蓋をして弱火でことこと7分くらい煮る。
  5. しょうゆ、みりんを加えて、煮汁がすこし残る程度まで煮詰めて完成!
ちえのたねは、クリニックでも配布しています。お気軽にお尋ねください。